医療事務の中の薬局事務

医療事務といっても病院や薬局、介護施設での事務などさまざまな種類があります。私の周りでも最近転職した友人はハローワークで医療事務の講座を受講してという子が多いです。私も講座は受けませんでしたが、薬局での面接に受かり調剤薬局事務として2年ほど勤務していました。資格がないと難しいかと思っていたのですが、意外と日常の中で覚えていくことができ、半年たつ頃にはひととおりの業務ができるようになっていました。
 薬局での事務の仕事とは、処方箋をデータに入力し、薬の情報を出力したり金額の計算をすること、毎月の保険請求を行うことが2大業務です。薬の入力を間違えると患者様の命に関わるような事態になる可能性もあるので丁寧かつ迅速な処理が求められます。また、受付を同時進行で行うので集中しつつも周りを見渡していないといけないという難しさもあります。覚えることもたくさんあって大変ですが、スムーズに行えた時の達成感はとてもいいです。

医療事務は事務の中でも特別な職です

私は薬局に勤めているのですが医療事務は事務の仕事の中でも特殊だと思います。仕事の流れですが患者さんが持ってきた処方箋をもとに薬代を計算します。ほとんどのデータがコンピュータに組み込まれているので入力業務のみになるのですが絶対に薬の間違いを起こされないので適切さが求められます。そして患者さんをお待たせしないためにスピードも要求されます。一日の仕事はその業務に追われるわけですが月末には保険請求のための業務があります。患者さんは健康保険を使っているので3割とか1割とかを薬局で負担してもらうわけですが残りを国に請求します。その業務が一番大変です。というわけで一ヶ月を通して同じ流れでいくので年間いつも忙しいような気がします。普通の会社の仕事と違って医療事務は事務の中では業務が多いものだと思っています。それでも仕事をしていると楽しいのでやりがいがあります。医療事務はがんばれば誰でも資格を取れますのでぜひチャレンジしてみてください。

医療事務の事務を行うための資格

医療事務の資格の中に、医療秘書技能認定試験というものがあります。
この試験には、4つの等級に分かれており、1級、準1級、2級、3級となります。
当然ですが、1級が一番難しく、合格率は僅か5%に過ぎないそうです。
この1級の試験に合格するような人は、医者や看護師などと同等レベルの医学知識を持っている証になるそうです。
他の等級での合格率では、準1級が20%程度であり、2級は50%程度、3級においては70%となっているようです。
また、試験科目も3つのグループに分けられているそうです。
先ほどの等級とこの試験科目の関係がいまひとつ解りずらいのですが、グループのうち一番難しいとされているものは、医療秘書実務、医療機関の組織、運営や医療関連法規などの試験だそうです。
見た目ではどんな事かわかりませんが、難しい感じではあります。
因みに、このグループの3つ目に医療事務というものがありますが、この医療事務の場合は、カルテからレセプトの作成を行うそうです。

医療事務の資格はいくつかに分かれています

医療事務の資格は一つだと思っていましたが、医療事務の資格にはいくつかの資格があるようです。
医療事務の資格の中で最高峰の資格というものは、レセプト業務を行う資格のようです。
このレセプト業務は、診察料の患者負担の残りの金額を請求する業務で、診療報酬請求業務というそうです。
そしてこの業務を行えるのは、診療報酬請求事務能力認定試験に合格した人に限定されるようです。
医療事務の資格が1つであり、このレセプト業務が医療事務の主な仕事だと思っていましたが、医療事務の資格を持っていてもレセプト業務が出来ない資格があることを知りました。
これ以外の資格としては、医療事務技能審査試験を合格した人が取得できる資格があり、これには1級と2級があるそうです。これらの資格は一般的な医療事務業務を行えるのは勿論ですが、比較的合格率も高めなので取得し易い資格だと言います。
しかし、この資格ではレセプト業務を行うことはできません。

「医療事務 資格」の取得

最近若い人から、主婦の方まで取得が増えてきた「医療事務 資格」「そんなにいいのかな」とか、「主婦だし心配」って方も多いでしょう。しかし、そんなに「医療事務 資格」は難しいものではありません、受講料も5万から15万とそんなに高くないですし、病院やクリニックの受付や案内、会計ですから楽に仕事ができるのです。当然病院やクリニックの受付ですから残業もほとんどありませんし、パート、アルバイト、非常勤と選べるんです。主婦になりお子さんを出産後でも仕事の復帰も比較的簡単に出来ることが多いのです、若い人も、これから「病院関係で働きたい」と考えている人は、「医療事務」の実務を経験することで、医療保険の全体像をとらえる事が出来るので、大変役立つ「知識」、「技術」になるでしょう。「医療事務 資格」は大体三ヶ月間の取得の設定ですが、一ヶ月に短期間でしたいという方も、六ヶ月でゆっくり取りたい方も自分のペースで結構出来るもんです。みなさんも「医療事務 資格」の取得を考えて見ては動でしょうか。

line
footer
Powered by WordPress | Designed by Elegant Themes